2014年11月09日

第8回講義:ABC分析、PPM分析

image.jpg

まず、「ABC分析」:★★★A:売れ筋商品(主力商品)、★★B:見せ筋商品(準主力商品)、★C:死に筋商品(非主力商品)に分類する分析、の復習をします。
「ABC分析」2014/11/10-数学資料.xls

NEW【PPM分析】
自社の製品を、市場成長率と市場占有率(マーケットシェア)から 「花形(スター)」、「金のなる木」、「問題児」、「負け犬」の4つのポジションに分類し、それぞれに見合った事業展開を検討するための経営戦略手法。
PPMとはProduct Portfolio Managementの頭文字をとったもの。
ppm2008.JPG

ppmzu.JPG
【花形】
• 成長性があるため競合も多く、設備投資や開発費など資金がかかる事業。
• 金のなる木の予備軍。
【金のなる木】
• シェアが高く、成長のための投資がさほど必要でないことから、稼ぎ頭といえる事業。
• 花形と問題児を次なる金のなる木へ、育てていく戦略が不可欠。
【問題児】
• 市場は成長期にあるものの、稼ぎが少ないのが特徴。
• 戦略次第で金のなる木に成長する可能性はあるが、資金が必要。ほっておけば負け犬になる。
【負け犬】
• 市場の成長性が低く、シェアも低い事業。
• 収益が上がらないので、深入りせず撤退すべき。


1数学11-10:プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントPPM分析1.doc
2PPM分析2.doc
3PPM分析3.xls
PPMパレート図.JPGPPm map.JPG
「PPM分析」演習資料.xls
:花形、金のなる木、問題児、負け犬商品に分類する。

posted by Lab508 at 15:30| 愛知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

第7(11/10)回講義:今日もABC分析

「売れ筋商品」、「死に筋商品」を探す経営分析手法の「ABC分析」を学びます。

「ABC分析」の手順.JPG
image.jpgimage.jpg
印刷1:「ABC分析」.xlsx
印刷2:「パレート図」.xlsx
以上2枚をプリントしてください。ただし、パソコンでヘッダに自分の学籍番号と名前が入力されていないものは無効!


2013年度「数学」出席管理票(修正版).xls



次へ続きを読む
posted by Lab508 at 05:00| 愛知 ☁| Comment(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

教務課からの連絡

出席名簿が確定し、以下の人数ほどが、許可なく勝手に履修登録を行い、
教務課で削除しています。ご承知おき願います。

データ解析2(4名)、統計学2(4名)、数学(4名)
posted by Lab508 at 12:25| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

2014年度秋学期・出席管理表のダウンロード

★ダウンロードはこちらから=+>2014秋学期出席管理表.xlsx
次項有「曜日Sheet」を選んで、学籍番号、氏名、科目名、ゼミの先生名をパソコンで入力の上印刷してください。
★フラットファイルA4横型を購入して下さい。新品!
★秋学期教務スケジュール
image.jpg
=>http://www.gakusen.ac.jp/kyougaku/gyouji.pdf
posted by Lab508 at 11:17| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

学歴別生涯賃金格差

生涯賃金.GIF 
下段の( )の数値は、転職しないで一つの企業で働き続けた場合の生涯賃金
引用先:詳細はこちらへ
posted by Lab508 at 15:59| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

2013年度秋学期レポート試験要領

単位取得の流れ
Step1:講義の最終日に出席日数、出席点の確認をする。
Step2:試験当日、試験実施教室に下記のものを持ってくる。
@演習結果等を整理したフラットファイル
A教科書が必要な講義は教科書
B出席管理表のA4サイズコピー、ただし左上に学生証のコピーも添付すること。
C学生証
Step3:出席管理表のA4サイズコピーの提出、受理印
Step4:出席表に自筆サイン
Step5:退室
注)試験開始21分以降はレポートを受理しない。不合格になる。
posted by Lab508 at 06:32| 愛知 ☀| Comment(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

今日も、明日も、

意思決定問題の解法について、面談をします。辛いでしょうががんばってくださいね。

説明資料のダウンロードはこちらから=+>意思決定理論【理解確認問題】.docx
posted by Lab508 at 07:10| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

第12回講義(1/21)

前回講義資料の7pの演習問題(A4サイズ2枚):意思決定理論【理解確認問題】.docx
(注)こちらの資料の方が説明し易い。

前回欠席した人向きの資料です。
第11回講義資料:不確定性下の意思決定.doc
posted by Lab508 at 19:42| 愛知 ☀| Comment(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第11回(H26/1/16):「不確定性下の意思決定」

一般に、人間の意思決定は、将来に対する人間の行動の選択に関するものであり、人間は利用できる情報を評価・分析して、行動の選択に対する将来の結果を予測しそれに基づいて決定します。この場合、将来起こりうる状態は普通いくつかあり、そのうちどの状態が実際に起こりうるかは、多かれ少なかれ、不確かです。この講義では、こうした将来の不確定性に直面する意思決定の原理について解説し、株式投資の例をあげて原理・理論に基づき行動案を選択してみます。

【意思決定理論】
将来起こりうる状態についての不確かさの程度に応じ、次の3つの場合を区別します。
@確定性の場合 Aリスクの場合 B不確実性の場合
@ 確定性の場合:
将来起こりうるj状態はただ1通りしかないという場合です。すなわち、どの行動に対しても、将来どのような状態が起こりうるか確実に分かっている場合です。これを「確定性の場合」と言います。実際にはこのような場合はまずないといっても過言ではありませんが、意思決定のための分析において、この場合が想定されることがかなり多いようです。それは、そのように想定しても構わないか、分析が簡単になるというような理由によるものです。
確定性の場合は、将来起こりうる状態はただ1つですから、利益最大、または費用最小である行動案を選択することにより解決されます。
A リスクの場合:
それぞれの行動に対して将来に対して起こりうる結果はいくつかあって、そのどれが実現するかは確定していないが、その結果がどのような確率=可能性で起こりうるかが分かっている場合です。これを「リスクの場合」と言います。
B 不確実性の場合:
どの結果がどのような確率=可能性で実現するかが全く分かっていない場合です。これを
「不確実性の場合」と言います。実際には、不完全・不正確ないしは部分的であっても、何らかの知識がある場合が多いです。
本講義では、リスクの場合の意思決定原理と、不確実性の場合の意思決定原理の主なものにつて考えてみましょう。

「不確定性下の意思決定」2013−1−7教授資料.pdf<=印刷
ひらめき印刷物は全部で、7ページあります。紙切れを起こさないように、注意深く紙を補給し印刷をしてください。
次回分(A4サイズ2枚):意思決定理論【理解確認問題】.docx

*不確定性下の意思決定.doc
posted by Lab508 at 16:38| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

第7回講義(11/25);再度、PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)分析

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)分析.JPGバブルチャート.JPG

次項有印刷ファイル=>PPM分析・バブルチャート.xlsx
ヘッダーに学籍番号、氏名を入力すること!
posted by Lab508 at 20:46| 愛知 ☀| Comment(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

第6回(11/18):PPM分析

位置情報チョット余談:
ロングテール(英語:the long tail)理論とは、インターネットを用いた物品販売の手法、または概念の1つであり、販売機会の少ない商品≒死に筋商品でもアイテム数を幅広く取り揃えることで、 総体としての売上げを大きくしようという理論。
image.jpg

NEW今日のテーマ:
PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)分析:
横軸に「市場(マーケット)シェア(占有率)」を、縦軸に「市場成長率」をとる。
各製品のシェア―、成長率をプロットして、現状の利益の柱はどれか、今後利益の中心とすべき事業・製品は何かを分析し、自社の製品を、市場成長率と市場占有率(マーケットシェア)から 「花形(スター)」、「金のなる木」、「問題児」、「負け犬」の4つのポジションに分類し、それぞれに見合った事業展開を検討するための経営戦略手法で、次期の経営資源投資戦略などを検討する。
ppm2008.JPGppmzu.JPGppm2.JPGppm3.JPGPPMパレート図.JPG
★金のなる木:シェアが高いために、資金がかからず収益率の高い製品。成長率が低いので過度な投資、収益を他の製品へ回す、重要な資金源となる。成熟事業。市場成長率は低く、相対的シェアが高いのは「金のなる木」事業です。自社のシェアが高いため売上は大きくキャッシュインは増加し、市場成長率が低く競争が鈍化しているため設備投資や販促費などのキャッシュアウトは減少します。今は最も儲かる事業ですが、いずれは衰退していく可能性が高い事業です。
★花形・スター: マーケットシェアを維持するために資金はかかるが、収益率は高い。シェアが維持できれば、市場成長率の鈍化に連れて「金のなる木」になるが、失敗すれば「問題児」に転落する。成長・成熟製品市場の成長率、相対的シェアともに高いのが「スター」事業です。この事業は売上が増え、キャッシュもどんどん流入していますがシェアを維持するために設備投資や販促費も増やす必要があるためキャッシュアウトも増加します。今後の成長の鍵をにぎる事業です。
★問題児:成長率は高いがマーケットシェアが低いため資金の流出が多い。将来の成長が見込める製品なので「花形製品」にするための戦略が必要で、資金投入を継続する必要がある。ただし、花形への成長可能性の見極めが難しい。市場成長率が高く、相対的シェアが低いのが「問題児」事業です。市場は成長しているので、設備投資等のキャシュアウトは増加しますが、自社のシェアが低いのでキャッシュインは小さく、金食い虫となります。ただしこの事業は将来のスター候補なので、じっくりと育てていくことが必要です。新規参入当初は問題児になることがほとんどです。
★負け犬:資金の流出・流入のいずれも低い。投入する資金以上の収益が見込めなければ、撤退・売却・縮小のどれかをとる必要がある。衰退事業。市場成長率も相対的シェアも低いのが「負け犬」事業です。撤退の対象となりますが、徹底した合理化などにより他社が撤退するまで生き残れれば「金のなる木」になりうる事業です。


印刷・printしておくファイルは下の2枚です。必ず、ヘッダーに学籍番号、名前をパソコンで入力してから印刷するように。学籍番号、氏名がない場合は、そのレポートは無効とする。
@PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)分析.docx
APPM分析計算ワークシート.xlsx
PPM.JPG


続きを読む
posted by Lab508 at 07:24| 愛知 ☀| Comment(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

大卒と高卒の違い

*学歴による生涯賃金格差
image.jpg

*正規社員とフリーターの生涯賃金格差
image.jpg

*本学の学費
image.jpg
posted by Lab508 at 07:05| 愛知 ☀| Comment(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

「マネジメント」って?

マネジメントとは?

 マネジメント(management)は、直訳すれば「経営」や「管理」のことです。
 でも本当は、もう少し深い意味が含まれているようです。

 例えば、ピーター・F・ドラッカーは、マネジメントは「組織を維持・成長させる手法」
であるとし、以下の3つの役割があることを指摘しています。
1,自ら特有の使命を果たすこと
2,仕事を通じて人を生かすこと
3,社会問題に貢献すること

また、日本経営品質賞の創設者である大久保寛司氏は、マネジメントは「人・組織
を生かすこと」であり、気づきを与えることが重要だとして、マネジメントが単なる管理
や統制でないことを強調しています。

マネジメントの本質は、「生かす」ための考え方や方法であるようです。
   
posted by Lab508 at 21:09| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする