2015年12月07日

第7回講義12/7:PPM分析、バブルチャート

PPM分析.JPG

キャプチャ.JPG
(散布図を構成するデータに加えて、それに関係するもう一つの量的なデータを加え、円の大きさで表すグラフ。3つのデータの関係性について、一つのグラフで見ることができる。)


演習:PPM分析、バブルチャート.xlsx



posted by Lab508 at 15:17| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

第8回講義(12/14):一次関数

1次関数:y=ax+b において
aのことを「傾き」といい
正の傾き:a>0のとき、xが1増えるとyが  a    増えます。
負の傾き:a<0のとき、xが1増えるとyが|a|減ります。
bを「y切片」といいます。
たとえば、x=3のとき、y=3a+bになります。この直線は、点(3,3a+b)を通ります。

1次関数.JPG
*緑色の直線の方程式は、y=x+3 で、y切片(0,3)、x=5のときy=8 で、点(5,8)を通ります。傾きが1で、xが1増えるとyは1増えます。
*茶色の直線の方程式は、y=-2x+14 で、y切片(0,14)、x=5のときy=4で、点(5,4)を通ります。傾きが-2で、xが1増えるとyは2減ります。

では、演習をしましょう。
演習@:一次関数.xlsx
1次間数.JPG

演習A:=+>
演習B:=+>
image.jpg
できたら、帰って、いいですよ。
続き=+>続きを読む
posted by Lab508 at 15:36| 愛知 ☀| Comment(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

第5回講義(11/23):PPM(Product Portfolio Management)分析

文書PPM分析.doc
バブルチャートPPM分析.xlsx
復習ABC分析(パレート図)・PPM分析(バブルチャート).xlsx

*企業が統計学の知識が必要とするわけ=+>統計学」が企業で必要な.pptx、ダウンロードしたらF5ファンクションキーを押してEnerキーでスライドショーを始めてください。
*今日の演習資料@=+>PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)分析.xlsx
*今日の演習資料A=+>PPM分析図.xls


商品ポートフォリオ(ポートフォリオとは組み合わせのことである)は商品を売上成長率売上構成比(占有率、シェアー)の両面から検討して成長商品、衰退商品を分類し、これからの商品戦略を立てる分析手法である。
売上高の伸び率(成長率)を縦Y軸に、売上構成比(占有率、シェアー)を横X軸にとり、たとえば商品の組み合わせを分析するのであれば,その数値をXY座標軸に表示する。このXY座標を4象限に分割
💡「花形」
💡「金のなる木」
💡「問題児」
💡「負け犬」
のネーミングし分類する。
【花形】
• 成長性があるため競合も多く、設備投資や開発費など資金がかかる事業。
• 金のなる木の予備軍。
【金のなる木】
• シェアが高く、成長のための投資がさほど必要でないことから、稼ぎ頭といえる事業。
• 花形と問題児を次なる金のなる木へ、育てていく戦略が不可欠。
【問題児】
• 市場は成長期にあるものの、稼ぎが少ないのが特徴。
• 戦略次第で金のなる木に成長する可能性はあるが、資金が必要。ほっておけば負け犬になる。
【負け犬】
• 市場の成長性が低く、シェアも低い事業。
• 収益が上がらないので、深入りせず撤退すべき。

ppm3.JPG ppm2008.JPG

【戦略】として
*「問題児」に投資し、力を注いで「花形」に育て上げようとする。
*「負け犬」は撤退する商品(事業)かどうかを検討する。

[演習資料]
*PPM分析とは(2014-11-17).doc
*PPM分析演習@(2014-11-17).xlsx
*PPM分析図(2014-11-17).xls
*PPM分析演習A


前回資料
1⃣数学11月10日:プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントPPM分析1.doc
2⃣PPM分析2.doc
3⃣PPM分析3.xls

[参考資料]
ppm0.JPG

ppm1.JPG

ppm2.JPG
posted by Lab508 at 18:02| 愛知 ☀| Comment(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

第5回講義:今日もABC分析

まずは、ABC分析.xlsx

ABC分析(補講課題).xlsx

「売れ筋商品」、「死に筋商品」を探す経営分析手法の「ABC分析」を学びます。

「ABC分析」の手順.JPG
image.jpgimage.jpg
印刷1:「ABC分析」.xlsx
印刷2:「パレート図」.xlsx
以上2枚をプリントしてください。ただし、パソコンでヘッダに自分の学籍番号と名前が入力されていないものは無効!


2013年度「数学」出席管理票(修正版).xls



posted by Lab508 at 17:31| 愛知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

休講のお知らせです、飯田

自己都合で、下記の明日の講義、ゼミを休講します。

数学、問題解決基礎4

補講、課題は改めて指示いたします。🙏m(._.)m
posted by Lab508 at 21:20| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

新規「数学」シラバス

 
本講では、就職試験に出題される数学(算数?)とビジネスに役立つ数学の手法の基礎について講義します。
 厳しい新卒採用状況下において、就職活動をうまく乗り切るためには、多くの企業が採用の目安としている筆記試験:「SPI適性検査」を確実にクリアする必要があります。SPIは「能力検査」と「性格適性検査」の2種類に大きく分けられます。
 本講義では前者の「能力検査」のうち、非言語系分野の問題≒数学・算数の問題([1] 基本的な計算問題,[2] 論理的に考え判断する問題,[3] 図表や資を読み取る問題)を中心に取り扱い、「素早く」、「正確に」解答を導き出すための能力を養います。

数学シラバス2015.pdf

「数学」2015出席管理表.xlsx

*教授資料SPI:CAB_暗算1.docx
posted by Lab508 at 19:17| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出席管理表

posted by Lab508 at 17:34| 愛知 ☁| Comment(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

数学・算数の知識が、必要なわけ

データの収集と分析について

データとは
、広義では、推論、判断、意思決定をするために用いるあらゆる資料や情報を指す言葉です。狭義では、数値で表現されたものを指します。
「データ」とは、資料、数値、観察の結果えられた事実のこと。物事をまずは観察し、事実を収集する。これがデータ。
データに対し、加工・分析を行うと、何らかの意図・価値を得ることができる「情報」になる。
「情報」に対して理解が進むと「知識」となり、「知識」の活用が進むと「知恵」となります。どんどんと人の「意思」「判断」「意識」が入り込んでくる。
日本語だと「Information」も「Intelligence」も「情報」ってことで、単純な情報が「Information」で、それをつなぎ合わせて活きた情報が「Intelligence」

統計とは、データに現れる変異のありさまを、平均値、標準偏差等で数字的に記述したり、グラフに表したりすることを指す言葉です。だから、統計をとるためのデータを「統計データ」とも言います。
データを収集する。これは一体何のためでしょうか。データに基づき的確な推論、判断、意思決定を行いたいからに他ならないのです。無目的の収集データは役に立たない、と考えたほうが正しいでしょう。当該問題の解決に役立つように収集するよう心がける必要があります。
分析とは、一見するだけではデータの構造が理解できないとき、適切に加工・処理することにより客観的に事実を解明し法則性を見出すことである、と言えます。
説得力ある分析をするためには、数学、統計学、データ分析論、経営分析、経営科学、多変量解析、マーケティング・リサーチ、データマイニング、オペレーションズ・リサーチ、意思決定論等の知識が必要になります。
いまや、マイクロソフト社のExcel(表計算ソフト)とAccess(データベースソフト)の活用知識、分析の知識そしてインターネットに接続できる環境があれば、誰しもがかなり高度な分析をすることができます。その分析結果を上手に利用することで説得力、判断力が格段にアップするのです。

企業経営にデータの分析が、なぜ必要なのでしょうか?
「現在の業務に改善点・問題点はない!」と言い切る企業はないでしょう。
利益を最大に、コスト(費用)を最小にしようとする最適かつ効率的な業務の進め方・あり方はそれぞれの企業の組織、コンピュータシステムによって異なりますし、さらに企業がおかれている状況や環境などは日々変化していきます。それぞれの企業が、それぞれに合った最適な解決策を社会の変化に適応しながら発見していく必要があるのです。
そのために、それぞれの企業がさまざまなデータを収集・整理・分析して業務の問題点を見つけ出し、それらの解決・改善を繰り返し行っていくことが必要になるのです。業務改善の手順は、下図のようになります。
データ分析お流れ.JPG

企業は、データを収集・分析することで業務改善しながら、コストを切り詰め利益を確保し、日々活動しているのです。


続きを読む
posted by Lab508 at 15:07| 愛知 ☁| Comment(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

数理ブンセキ、ぶんせき、分析

image.jpg
posted by Lab508 at 15:09| 愛知 ☀| Comment(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

Excelでできるデータ分析

image.jpg

★be「・・・である」分析:ピボットテーブル、クロス集計
完成例pdf
資料のダウンロード

★will be「・・・となるであろう」分析:近似曲線追加、時系列分析、回帰分析
完成例pdf
資料のダウンロード

★should be「・・・すべきである」分析:並び替え、条件付き書式、データバー、アイコンセット、ABC分析
完成例pdf
資料のダウンロード
posted by Lab508 at 06:52| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Excelでできるデータ分析

image.jpg

★be「・・・である」分析:ピボットテーブル、クロス集計
完成例pdf
資料のダウンロード

★will be「・・・となるであろう」分析:近似曲線追加、時系列分析、回帰分析
完成例pdf
資料のダウンロード
p
★should be「・・・すべきである」分析:並び替え、条件付き書式、データバー、アイコンセット、ABC分析
問題50完成例pdf
資料のダウンロード
posted by Lab508 at 06:48| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

1/26月曜日、レポート試験、持参すべきもの

❶フラットファイル一式
❷出席管理表と出席管理表の左上に学生証を添付したコピー
遅刻厳禁!
posted by Lab508 at 21:54| 愛知 | Comment(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

2014年度秋学期出席点計算ワークシート


=+>2014年度出席点計算表iida.xlsx

@デスクトップにファイル名を「学籍番号+氏名」として保存しなさい。
Aワークシートに必要事項(名前、科目名、出席点)を入力しなさい。
Bワークシート名を自名前にしなさい。
Cヘッダーに学籍番号、氏名を入力しなさい。
D上書き保存しなさい。
E印刷しなさい。

ひらめき1/26はレポート試験です。遅刻欠席は厳禁!ひらめき
持ってくる物❶フラットファイル❷学生証を出席管理表の左上に点添してコピーしたもの
posted by Lab508 at 05:40| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出席点計算表

下記ファイル#をダウンロードし、デスクトップに保存しなさい。
必要事項を入力して、印刷しなさい。
(ただし、ファイル名は、学績番号とフルネームとしなさい。)

#2014年度出席点計算表iida.xlsx

ひらめき1/26月曜日はレポート試験です。遅刻欠席厳禁!

posted by Lab508 at 04:55| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

意思決定の仕方、いろいろ

講義資料「不確定性下の意思決定」がダウンロードできます。こちらからどうぞ
ただしパスワードが必要です。必要な方は研究室に来てください。

 【リスクが判明している場合の意思決定原理】
1期待値原理: 利益の期待値の最大の戦略を選択
2最尤(さいゆう)未来原理: 最も起こりうる確率の高い戦略を選択
 【リスクが不明の場合の意思決定原理】
3ラプラスの原理: すべて同じ確率で起こると想定して選択
4ミニマックスの原理: 最悪の場合の利益が最大になるよう選択
5マクシマックスの原理: 選択に対して最善の場合が起こると想定して選択
6ミニマックス・リグレットの原理: リグレット(後悔)の度合いを基準に選択
  
posted by Lab508 at 16:09| 愛知 🌁| Comment(0) | 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする